iPhoneの防水対策

iPhoneの防水対策は防水ケースを使う、水場に近寄らない、防水フィルムを使うなどがあります。


しかし、ケースの場合はごつくなりますし、タッチ操作がしづらいです。

よりシンプルさを追求したiPhone6sの発売日全般の一般知識を分かりやすく紹介いたします。

防水フィルムは使い捨てなのでコスト面で厳しい。

水場に近づかないは現実的には無理なことが多いです。

そこでおすすめなのが防水加工です。


iPhoneの防水加工はAndroidなどのスマートフォンでも使われている技術で防水加工ができます。
防水加工は簡単にいえばケースの内側も含めて、薄い膜を作る加工です。

特別な溶剤に浸すことでiPhoneの回路やバッテリーも含めて皮膜を作ります。

ケースやフィルムを使わないので見た目ではまったく変わりません。

防水機能は水につけた際に保護するレベルです。

iPhone6sの価格について詳しく知りたいならこちらのサイトがお勧めです。

ずっと水の中においても問題ないと言われすが、加工業者はすぐに水から出すのがおすすめとのことです。
加工は数日かかることもあります。
時間はかかりますがiPhoneの美しいデザインを活かしたまま、いざというときの防水機能が付加されます。

iPhone6sのサイズの初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。

加工は永遠に効果があるわけではありませんが、数年は問題無いと言われており、年単位で追加の保証プランも用意されています。

防水加工はiPhoneの防水機能の究極の形だと思います。

コスト面では6000円以上かかる施工料がネックですが、デザインを活かし、また、画面のタッチも損なうこと無く加工ができるので利用者が増加していますし、6Plusなどの大型ディスプレイモデルも対応しています。