iPhoneの魅力的な操作感

iPhoneは日本におけるスマートフォンシェアの50%以上を占めており、日本人にとっては非常に魅力的なスマートフォンの筆頭として挙げることが出来るでしょう。

しかし、多数のAndroid端末が発売されている中で、種類が非常に限られているiPhoneが大きく支持されているということはそれを支える魅力があるということです。

さらに身近になったiPhone6Sの在庫について分かりやすくまとめてあります。

その大きな魅力の1つには、非常に滑らかな操作感でしょう。

人によっては"ヌルヌル感"と呼ぶこともあるようです。
Androidでは実現できないこのiPhone特有の操作感はApple社がハードウェアとソフトウェアを統一的に開発していることによるものです。

Androidは様々端末上で動作する必要がある都合上、その構造は汎用的になっています。


逆に、iPhoneとiOSは専用の固有ハードウェアでの動作のみを保証すれば良いため、特化型の構造となっています。



汎用的に作られたソフトウェアと特定の機器での動作に特化して作成されたソフトウェアを比較した場合、特化型のソフトウェアに性能面で圧倒的なアドバンテージが有るのは自明の理でしょう。


iPhoneと比較して非常に高いハードウェアスペックを持つAndroidがイマイチな操作感しか持たないのはこれが理由です。



数種類の端末でしか動かないiOSに不便さを感じることもありますが、魅力的な操作感を維持するための戦略だと受け取ることができれば少しは納得できるのではないでしょうか。