iPhoneの防水機能をチェックする

iPhoneは5あたりから防水機能にも注目されてきています。

もちろん、完全な防水機能はありません。

しかし、防滴機能と呼ばれるレベルの防水は装備されてきています。


4S以前のiPhoneは雨に当たるだけでも調子が悪いという機種がでるほど水に対して弱い機種が多かったです。
しかし、5からは防滴機能に力を入れており、雨程度であればすぐに拭き取れば問題なく使える事が多いです。iPhoneの防水機能は望まれていますが、なかなか実現しません。

iPhone6sのスペックの情報をまとめた一度は訪れて欲しいサイトです。

デザイン面でできないのか、機能として防水を実現できないのかははっきりしませんが、現状自分のiPhoneを水から守るためにはケースで保護するしかありません、ケースはさまざまなタイプが販売されていますが、いま注目されているのが薄型の防水ケースです。

防水ケースといえば分厚いケースが多かったのですが、iPhoneの薄型の本体活かすデザインとなっており、薄型のケースはとても好評です。

しかも、IPX7や8レベルの防水機能が付いていることが多いので水深1M程度であれば数十分入ったままでも問題ありません。

実際には海やスキー場で活躍するケースですが取り付けもとても簡単になっており、普段使いで利用する人もかなりの数いるようです。

ソフトバンクの機種変更情報をまとめてチェックしよう。

防水ケースは取り付けが特殊です。



水が入ってこないようにボディをロックする機構が付いていることが多く、ネジで取り付けるものまであります。

しかし、最近のケースはワンタッチでロックができるなど使い勝手の良さが売りになってきています。